当会について

当会についての概要を掲載しています

商学部ゼミナール連合会とは

 中央大学商学部ゼミナール連合会(商ゼミ連)とは、中央大学商学部を盛り上げるために設立された組織です。
 1959年の設立以来、半世紀の歴史があり、企画から組織運営まで全ての活動を1~4年生(1~3年生主体)で構成される商学部生が行っています。
 ゼミ活動や商学部生の学生生活のサポートを主な活動としており、球技大会やプレゼン大会、講演会などのイベントを企画・運営することによって、それらの活動がより充実するように努めています。
当会の規約・理念

 当会は現在、その役割に応じて「総務局」「財務局」「学内企画局」「学外企画局」「演習局」「広報局」の6つの局に分かれて活動をしています。
6局説明

代表挨拶

 当会最大の目的はゼミの活動を“有意義”にすることです。
 この“有意義”とは何かを60年間問い続けてきたのが「商学部ゼミナール連合会」であると私は考えています。
 その結果生まれたのが、ゼミ生同士のスポーツを通じた交流の場、ゼミ生の皆様の研究発表の場です。
 時間が限られた中で、ゼミ生の皆様、社会人の方々、そして当会諸氏のお力を借りてこの難題への問いかけを続けて参りたいと思います。
 どうぞ他のページもご覧になり、興味を持っていただけましたなら、お気軽に当会まで要望等ご連絡ください。
 引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。



2018年4月 中央大学商学部ゼミナール連合会 第60代 代表 照井俊樹